天下一品

Pocket

【住所】神奈川県相模原市
【HP】食べログ

毎年10月1日に開催される天下一品祭に参加した者は、その2ヶ月以内に必ず天下一品を再び訪れてしまうというジンクスがあるらしい。俺も参加したその内のひとり。

天下一品と言えば、一度食べたらしばらくはもういいやと思うくらいの超濃厚こってりスープ。そんな馬鹿なことがあるかいなと気にもしていなかったが、気づいたら今日、天下一品相模原店のカウンター席に座っていた。

さすがの俺もジンクスには逆らえなかったということになる。手には天下一品祭でもらった一杯無料券。

有効期間が11月30日までとある。

昼過ぎに店に着く。相模原駅周辺にあるラーメン通りだ。厚木に天下一品は無く、相模原まで来なければならない。

相模原店は県央地区を任されている存在。さすがにあの日のような行列はない。

ちゃーす!
店内は客1人。兄ちゃんが美味そうにラーメンを食べてる。

食券機で単品ライスを購入して店員に無料券と共に渡す。

マダム or マドモアゼル店員2人で店を切り盛りしている様子。

卓上アイテムをこの時間に確認。何か使えそうな物はないかなと考察中。

こってり 並 + 単品ライス
無料 + 100円

天下一品ときたらこのドロドロになるまで鶏を煮込んだ超こってりスープが定番。大体の人はこれを頼み、このスープが全て。

こってりだけど鶏だから意外にヘルシーなんて思っていた時もあったけれど、こう改めてスープを飲んでみると、なんて罪な味。それもかなり重罪だ。鶏の旨味が麺に絡みつき過ぎる。でも旨い。以前より塩分は抑えめになった気がする。量は少なめ、お金を払えば追加できる。

博多ラーメンのような極細麺は硬め指定で注文。この形状がさらにスープを吸い上げる。

京都ラーメンらしく九条ねぎを使用。チャーシューはペラペラ肩ロース。

麺を食べた後は、単品ライスを雑炊風にして食べるのが俺流。

卓上にあるにんにく薬味をご飯山に登頂させた。赤くて辛そうに見えるけれど、意外にそうでもない。

これとスープを混ぜ合わせて食べる。トロトロとして雑炊の様でもありリゾットの様でもある。米がスープを吸って食べ終わる頃にはスープがほぼ無い。やはり罪な味…。

超ヘビーな一杯だった。でも、またいつか無性に食べたくなって、ここに戻って来るから不思議。それが天一。では、また会う日まで。ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です