海の華 丼丸

Pocket

【住所】神奈川県厚木市
【HP】食べログ

昔、妻田文房具店があった隣の店。今で言えばらーめん流の隣の店というべきか。

以前やっていたスナックが閉店してそのまま居抜きを使用しているものだから、やたら外装、内装がミスマッチな印象の海鮮丼屋がある。

その結果、怪しい雰囲気を醸し出している店で気にはなってはいたが入る気にはならなかった。
が、今日「海鮮丼70種500円〜」という看板ポスターに釣られてふらふらとついに禁断の門を開けてしまった。店のドアは常に開いていたんだけど。

店の名前は海の華 丼丸。
後で調べてわかったがチェーン店のようだ。

店内に入ると店員が2人。接客の女性が1人。調理の男性が1人。客はいない。入り口にレジがあり、奥にテーブル席が8席ある。テーブル席に座ろうとすると、まずはレジで注文と会計をするように言われた。

レジ横の壁にメニュー表がありそこから選ぶ。なんせ70種もあるからそりゃすぐには選べない。だけどレジ前に立った女性店員の注文を待っている無言のプレッシャーを感じてしまう状況。ぱーっと見てゴージャスそうな丼を素早く発見し注文。注文と同時に奥にいる大将がパパッと瞬身の術で作り始めたのを俺は見逃さなかった。

会計を済ませてテーブル席に座る。客は俺1人。途中持ち帰りの常連客らしきおじさんがいつもの的な発言をして何か持ち帰り丼を買って行った。

大将の動きは素早い。出来上がりは早く数分で着丼。

うにネギトロイクラ丼 ネタ大盛
600円 + 200円

この値段でこのネタ盛りは凄いという第一印象。と同時に何かイクラの色が赤すぎないかと気づき始める。そしてこれはおひつであって丼ではないなという疑問。ちらし寿司なのか、海鮮丼に入るのか微妙と思い始めた。

調べてみると、

ちらし寿司とは、器に入れたすし飯の上に寿司ネタの魚介などの具を散らした寿司の一種である。単にちらしとも呼ばれる。しばしば吸い物と一緒に出され、ひな祭りには蛤(はまぐり)の吸い物を食べる習慣がある。また五目ちらし寿司など、ちらし寿司の中には生の寿司ネタを使用せず、甘辛く煮染めた鶏肉や穴子、椎茸や人参、かんぴょうなどを混ぜた込み、上に錦糸卵を散らしたものある。また、白ご飯に混ぜるだけで簡単に五目ちらし寿司が作れる「五目寿司」の素が市販されており、日本の家庭料理の代表的なものの一つになっている。

一方、海鮮丼とは丼(どんぶり)に白飯あるいはすし飯(酢飯)を入れ、その上に生の魚介を盛りつけたもので、丼物店で出されるメニューの一つである。寿司屋で出される海鮮丼をのぞき、ほとんどの場合、ご飯がすし飯ではない白米である点がちらし寿司と大きく異なる。主な海鮮丼には、ネギトロ丼、マグロ漬け丼、イクラ丼、イカ丼などがある。

とある。

つまり丼には入っていないが、内容は丼である状態と解釈することでモヤモヤが解決。

うにとネギトロは100円回転寿司レベルのネタ。それでも普通に美味しい。問題は赤すぎるイクラで、膜に弾力が無く塩分が多すぎる。たぶんこの色は着色料バリバリなんだろうな。筋子の膜がそのまま入っていた箇所があった。下の米は酢飯。

期待したんだけど、まあ値段なりだなと言った味。ネタ盛りにして800円するんだったらもう少しお金を払ってでもちゃんとした寿司屋のランチに行けば良かったといった感想。ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)