味の十八番

Pocket

【住所】神奈川県厚木市林5-1-15
【営業時間】11:00〜15:00/17:00〜21:00
【定休日】火曜日
【電話番号】046-223-9005
【駐車場】有
【最寄り駅】本厚木駅
【出前】不明
【テイクアウト】有
【HP】食べログ

冬の帰り道は寒いから早く暖かい家に帰りたい。でも飯も食いたくて、気付けば自然と帰り道沿いの同じ店に何回も通ってしまう。今日は帰り道を変えて帰ってみよ。

そういえば中華食堂、味の十八番の麺類はまだ食べてなかったな。と思ったら早速店に行ってみた。

平日20時過ぎだったけど店の中は7人程の客。

厨房1人、厨房兼接客1人。

俺はテーブル席に座り麺類のメニューを見る。

店はサンマーメンをかなり押しているのが伺える。

でも俺はチャーシュー麺を愛する男。チャーシュー麺はメニューに写真が載ってないからあまりお勧めではないのかなと思いつつも注文。

隣のカップリング客が先に酢豚とかチャーハンとかを頼んでいるから、その後だろうと思っていたら一番先に運ばれてきた。

店主はチャーハンを作っている。
接客の人がラーメンなど簡単な料理を担当するようだ。


チャーシューメン
850円
見た目的には普通サイズのチャーシューが4枚のっているシンプルなチャーシュー麺。

スープは少し生姜が感じられる鳥出汁のアッサリ中華スープ。魚介出汁は昆布がほのかに入ってあるかいないのか微妙なところ。醤油タレは薄め。

麺は極細縮れ自家製麺。手打ちなだけあって、細いのにコシがある食感で、米粉でも少し入っているような感じの透明感。

でもスープの味が薄いからかスープを吸わない麺なのか、麺をすすっても味が俺に追いついて来ない。

具はチャーシュー、ネギ、支那竹。

チャーシューは肩ロースで肉繊維と脂身のバランスが最高で、味が適度に染みていてこりゃ旨いねー。スープの味の薄さを見事にナイスリカバリーしている。

支那竹の一つ一つがコリコリ、グニグニと食感に差があり面白い。
市販の出来上いの物ではなく、乾物からちゃんと戻しているのがわかる。何か甘い食材で煮込まれているようで、甘い味が染み込んでいる。

スープの味は薄めだが、他の具の味付けがその事により個性を光らせて、全体のバランスが良いものとなっている。

また、この店の麺は手打ちでコシがあるのがストロングポイント。
この麺ならばもっと濃い味付けでも合うだろう。

そうなると、次回はやはりサンマーメンに挨拶せねばならんな。ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です