ラーメンショップ 荻野店

Pocket

【住所】
神奈川県厚木市中荻野576-1
【営業時間】7:00~21:00
【定休日】祝日
【電話番号】046-241-5501
【駐車場】有
【最寄り駅】本厚木駅
【HP】食べログ

とある厚木の何でもない昼過ぎ。荻野運動公園で運動をした後、近くにあるラーメンショップ荻野店で昼食。駐車場が広くて車が停めやすい。

今日は何故かラーショが頭によく浮かぶ。
ラーショはたまにものすごく食いたくて仕方がない魅力がある。チャーシュー麺におろしニンニクをガッツリかけて、いや刻みニンニクか。

店内に入り広々としたカウンター席に座った。

カウンター席の他にテーブル席と座敷席があり店内は広い、テレビなんかもついちゃって、客層は家族連れや若者たちなど老若男女で賑やかだ。

椿系ラーメンショップのメニュー表を見る。

ラーメンショップは東北・関東・瀬戸内地方の幹線道路沿いに多く見られるフランチャイズのラーメン屋。

東京都大田区羽田にあるGOOD MORNING ラーメンショップ(元椿食堂)が元祖でラーショの名を使い出したと言われている。

フランチャイズとして提供するのは、作り方の基礎的部分と麺・タレ・どんぶりのみであり、メニューや味付け、店舗デザイン、ロゴ、店名に及ぶ諸要素は店の判断に任せられている。

その中でも椿系というものが存在し、椿系の店舗では椿食堂管理グループが本部となり、ここでスープの素を含む食材が作られている。そして、このラーメンショップ荻野店も椿系ラーメンショップ。


チャーシューメン 750円
中盛100円増し
ラーメンショップ特有の広くて浅い椀がなんか懐かしい。この広い椀、インパクトがあって俺は好きだな。

やや乳化したライトな豚骨スープに軽く背脂が浮いたもの。醤油タレが薄めで優しいスープ。客層への配慮からか、以前来た時よりも動物系出汁濃度が抑えられている印象。

家系ラーメン創設者の吉村氏も昔ラーメンショップに勤めていた様子で、この豚骨醤油スープが家系ラーメンの元となったようである。

麺は細麺で食感は柔らかめ。これもラーメンショップ特有の麺。

具は肩ロースチャーシュー、ネギ、のり、ワカメ。

6枚のっている肉厚なチャーシューの食感は硬めで脂身が少ないが、肉っぽくて食べ応えがある。スープ出汁に使用していた感がある。


餃子 150円
国産の肉と野菜を使用した餃子が5個でこの良心的価格。

噛むと甘い肉汁たっぷりの美味しい餃子。

中盤から卓上にあるおろしニンニクや豆板醤で味の変化を楽しみながらラーメンを完食。

ラーメンショップは最近この辺にジリジリと新店舗増加傾向であり、また密かなブームがきているようだ。

是非、ラーメンデー復活を願います。
ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)